スーツの男性

勤めていた会社で接客の求人を出した

以前勤めていた会社で自社製品の販売のために接客担当を募集することになって、その事務処理を手伝ったことがあります。デパートとかそれなりに名の知れた場所に立って接客をしていただくことになるので、あんまり品のなさそうなひととかガラの悪そうな人を雇うわけにもいかず、履歴書に貼られたご本人の顔写真を見て、「この人が売り場に立っていたら、どう思う?うちの会社のイメージに合うかなぁ?」みたいなことを人事責任者と話したのは覚えています。
まぁね、イメージも大事ですからね。履歴書にはいい写真を貼っておきましょうね。求人をかける側もそれなりの時間とか手間をかけているので、応募者のなかでちょっとでもいい印象を持たせるのがコツですよ。
勤務していたのにどうかと言われるかもしれませんが、正直言ってデパートで売るほどのレベルの商品ではありませんでした。そこを無理やりきれいに見せて売っていただくのであんまりにも善良な人が入社したら商品のレベルにがっくりくるんじゃないかな、と内心ではなんとなく思っていました。あくまでも個人的な感想です。
採用候補者として一番いいなと思っていた方が他の会社に先に採用されたという話を聞いたとき、人事責任者は残念がっていましたが、私は内心、ほっとしましたね。

ピックアップ


TOP

Copyright © 2017 脱ニートするなら、工場求人サイト! All Rights Reserved.